サブコンテンツ

返済シミュレーションを使うメリット

カードローンを利用するとき気になるのが利息がいくらかかってしまうのか、という点です。
基本的には元金×金利÷365×借り入れ日数という計算方法で利息が求められるのですが、一括返済以外のリボルビング方式の場合では計算が複雑になってしまいます。
リボ払いの中でも元利定額方式や元金定率方式などに分かれていて、実際に月々支払うべき利息や、利息を含めた返済額を自分で算出しようとすると、 かなり骨が折れる作業になります。そこで人気なのが返済シミュレーションです。
カードローン会社のホームページ上に用意されていることも多く、利用予定額や月々の返済額を瞬時に試算してくれるスグレモノのツールです。
必要項目をいくつか入力するだけの簡単操作で、シミュレーション結果は即座に出ます。
自分はいくらまでなら無理なく返済を続けていけそうなのか、完済までにどれくらいかかるのか、気になるポイントを具体的な数字で見られるので大変便利です。
またすでに借入がある場合でも、いくらくらいまで追加キャッシングしても大丈夫かを見極めるのに役立ちます。
カードローンは手軽に借りられるメリットの反面、必要以上に借りすぎてしまう恐れがあります。
このように返済シミュレーションを活用しつつ、自分の利用状況や返済情況を把握しながらお金を借りれば、ついつい借りすぎてしまうリスクも避けられるのではないでしょうか。
カードローンの利息に大きく影響を及ぼす金利は、一般的には消費者金融よりも銀行のほうが低めに設定されており、よりお得に借りられる可能性が高くなっています。

このページの先頭へ